マクロ経済とミクロ経済

マクロ経済とミクロ経済

ファンダメンタルズと聞いてすぐにわかる人は、
そんなに多くはいないです。

ファンダメンタルズを日本語に訳すと経済的な基本的な条件という日本語になります。

経済を取り巻くのは国家間同士や国の経済についてもありますし、
個別の企業についてのミクロ経済の二つがあります。

FXでは多くはこの国家間同士のマクロ経済で動いていることが多いでしょう。
一つの企業の業績が良いからと言って一つの国の通貨が良くなるということは無いでしょう。

ただ、ミクロ経済もFXの為替の動きの一つの指標にはなり得ます。
あまりにも企業の業績が悪いと国の経済の状況が悪いから企業の成績が悪いと
判断されることもあります。

この様にマクロ経済、ミクロ経済二つの経済がありますが、
称してファンダメンタルズと言います。

ファンダメンタルズが良ければ、円安方向に動くことが多いです。
ファンダメンタルズはFXではきっても切れないものなので、
しっかりと見ていきましょう。